50代で家を買い替えた話

50代になって夫とは別の人生を歩みたくなり自宅を買い替えて新しい生活をスタートさせるまでの顛末記

夫とバトル

我が家に購入の申し込みが入ったのですが、値引きのお願いもあったので、共有者の夫がOKか確認してほしいと担当Mさんに言われたので、まずはメールしました。

「その内容で大丈夫だ」という返信が来たのでMさんにお伝えして、あとは引き渡し時期をいつにするか検討しようと思った矢先。

 

夫からまたメールが来て

  • あるかどうかわからないが、将来子供たちの里帰り出産のためにも、今の住居くらいのスペースがあったほうがよいのではないか
  • 自分だけ家を出ればすむこと
  • 自宅を売らなくても良いのではないか
  • 大きな家を小さくするのは簡単だが小さな家を大きくするのは難しい
  • 資産は保全したほうが良いのではないか。売却すれば仲介手数料などで大きく目減りする。せっかく築いた財産なのだから、子供たちの代で処分などを検討すればよいのでは。

 

目の前がくらくらしました。

 

なんで今そんなことを言う?

 

一年前から売却を検討して、売りに出して7か月。

ストレスのかかる内見に耐え、仲介業者と何度もやり取りをして、価格の値下げもして、やっと売却できそうなのに、今になってそんなことを言いだすなんて。

 

思い出してみると、今まで夫は売却について特に積極的ではないけど異論を唱えることもなく、「勝手にやれば」というスタンスだった。

私の報告も聞き流しているようだったし、おそらく自宅の売却について真剣に考えていなかったのだろう。

いざ売れるとなってから改めて考え、慌てているのか?そんなつもりじゃなかったと言い出しているのか?

 

愕然としましたが、とりあえず返信。

  • 購入申し込みを受けたので、もう売却の方向で進んでいる
  • 里帰り出産があるかどうかわからないし、いずれ一人暮らしになるので4LDKは大きすぎて管理が大変だ
  • 中古マンションは価値が下がっていくので、子供たちの代で処分させるのは負担をかけることになる
  • 我が家を査定してもらったときは2900万くらいが平均だったのに、今回3200万で売れたのだから、仲介手数料を引いても想定より高くてラッキーだったと思う
  • そもそも売却については同意していたはず。一年近くも活動してやっと売れるめどがたったのに、急に売却に反対するのは理解できない。気分が悪い

 

そうしたら夫から「直接話をしたい」と言ってきたので、直接対決です。

 

同じ家に住んでいるのにずっとメールでやり取りをするほど関係は悪化していたので(苦笑)、直接話をするのは久しぶりのこと。

 

話はメールの内容の繰り返し。

私は頭にきて感情的になっている(-_-;)

 

埒があかないのですが、夫が新しく言い出したのは

「もう関係を修復するのは無理だが、いきなり売るんじゃなくてまずは別居から始めるとか、もっと方策があるんじゃないんか?それに実家の家を取り壊して2世帯住宅を建てれば共存できるかもしれないじゃないか。」

 

「そういうことはもっと早くに提案してほしかったよ。私が夫婦のことを悩んで耐えられなくなったから、自宅を売却して別々になろうと言い出した時は、それを避ける方法を考えようとしなかったじゃない。2世帯住宅だって私が秋に提案して、物件がないか調べて見つけたら広告をあなたに見せたり、一緒に内見しようとしたり、共存の道を探ったよね。でもあなたは自分でも検討しようとしなかった。我関せずという姿勢だったわよね。挙句の果てに『共存は無理!』と言ったのはあなたです」

 

「あのときこう言ったとかああ言われたとかそんなことは聞き飽きたよ。売る売るってなんでそんなに声高に主張するの。その発想が気持ち悪い」

 

気持ち悪いと言われた、またも目の前がくらくらしました。

 

「お互い気持ち悪いんだからこれ以上一緒にいるのは無理でしょ。関係を改善するのも無理でしょ。別々になるしかないでしょう。だったら共有名義の自宅を中途半端に残すのではなく、売却してお金を分けて、2人の間をきちんと清算するのがお互いにとっていいんじゃないの」

 

そもそもこういう理由で売却に向けてスタートしたはずなのだけど…。なんで今更最初の頃の話を復習してるんだろ❔

 

目を三角にした夫は頭が沸騰している感じで

「そうだな。わかった。じゃあそういう方向で」

 

あっけなく終了。

結局夫は今まで深く考えることなく、とりあえず私に任せたけど、売れなかったら今の状態をダラダラ続けてもいいと思っていたんだろう。

 

本当は最初の頃にここまで話し合うべきだったのに、ふわっとした感じで始まったので。ある意味夫も踏ん切りがついたかもしれないな。

 

なんかドロドロした話を書いちゃってすみませんm(__)m