50代で家を買い替えた話

50代になって夫とは別の人生を歩みたくなり自宅を買い替えて新しい生活をスタートさせるまでの顛末記

ついに決済日が来る

住宅ローンの手続きも引っ越しの手続きもほぼ終わり…。

ついに来ました。

 

「決済日」

 

この日を無事に迎えられるか。結構私は不安に押しつぶされそうになっていたんだけど、熱を出すこともなく、とりあえず健康な状態で迎えることができました。

 

不安な思いを綴ったのはこちら

ouchisumikae.hatenablog.com

 

しかしまあ、振り返ると長くて濃い一日でした。

 

午前は10時から都内で売却の決済。

午後は13時から郊外で購入の決済。

移動時間を考えると昼食をとる時間はなく、多分13時はギリギリの時間です。

 

だからといって朝食をたくさんとれるほど食欲がなく…。かなり緊張しています。

もともとお腹がちょっと弱いので、食べ過ぎたら調子が悪くなるかもしれないし…。トイレも気楽に行けないかもしれないし…。

 

いろいろ考えるとやっぱり怖い。

 

15時くらいには全て終わっているのかな。そしたら思いっきりボリュームのあるご飯を食べよう。

 

事前に仲介業者の担当Mさんが送ってくれたメールを何度も確認しました。当日必要なものを箇条書きにしてくれてる。

 

当日ご用意いただくもの

ご売却

  • 権利証原本
  • 印鑑証明書 各々1通
  • 住民票
  • ご実印
  • 残代金等お振込み指定口座の通帳及び銀行印(各々)
  • ご本人確認書類(運転免許証等)
  • 念のためお認印

ご購入

  • 印鑑証明書(既に銀行に提出済みの場合は不要です)
  • 住民票(既に銀行に提出済みの場合は不要です)
  • ご実印
  • 住宅ローン用の通帳及び銀行印
  • ご本人確認資料(運転免許書等)
  • 念のためお認印

 

 

忘れ物ないよな。

Mさんのメールを読みながら何度もバッグの中を確認する私でした。

 

住民票等は夫の分も私が用意したけど、夫の実印・銀行通帳等は本人が持って行くので、「忘れないように」とMさんのメールを夫に転送して、

「だからあなたは〇〇を持ってきて」と書きました。

 

はあ…。

とにかく無事に終わりますようにと祈るような気持ちでした。

 

頼みの助っ人

引っ越しの日は私が現在の自宅で待機して引っ越し業者を送り出す。新居には娘と息子が待っていて荷物を搬入してもらい、家具や荷物の置き場を指示する。

そういう予定でした。

 

ところが娘が

「土曜日仕事が入っちゃった」

がー--ん😞

 

4月に就職した娘はもともと

「働き始めたら何があるかわからないから3月中に引っ越したい」と言っていたので、年明けから一生懸命物件を見学して3月中の購入を目指していました。

でも購入のタイミングがうまく合わず4月の売買になってしまったのです。

 

娘の就職先は私のように土日祝日が休みの職場ではなかったので心配していたのですが…。

 

不安的中だ。

 

引っ越し日に娘はいないのか…😢

 

新居を探すときはいつも一緒だったし、どうすればいいか悩んだときは相談していた頼もしいパートナー。

私の愚痴もたくさん聞いてくれました。

毎週末の新居探し(内見)もすべてつきあってくれた。就職前のつかの間の休暇を友達と遊びたかっただろうに。

 

おかげで私は娘と一緒にたくさんお出かけできたし、内見の後でお茶したりそれなりに楽しかったのだけど💗

 

「そうなのね…。あーあ。あなた抜きで引っ越しはうまくいくかなあ…」

 

少なくとも新居で受け入れる人が必要だ。引っ越し業者は2往復すると言っていたので、私は旧住居に待機する必要があるのです。

 

逆に私が新居で待機して、荷物の送り出しを子供にしてもらうのもアリだけど、搬出後に旧住居の掃除や片づけをしたいし、翌日の不用品回収や鍵の引き渡しの準備もしたい。

 

どっちで待機するかはともかく、私の体は一つしかないのでもう一人必要だ。

 

ため息をつく私に

「もう一人いるでしょ?」

 

確かに息子がいるのだけど普段滅多に顔を合わさないし、買い替えにはほとんどタッチしていなかったからなあ…。

娘のように細々したことに気づくタイプでもないし…。

娘と2人で新居に待機してもらうつもりだったんだけど、1人で大丈夫かなあ…。

 

と言っても息子にやってもらうしかないので捕まえて話す。

家具や荷物をどこに置くか間取り図を見せて説明しました。

それに当日はガスの開栓に立ち会う必要もあるし、まずは電気が使えるようブレーカーを上げなければいけない。

 

「うん、うん」「了解」と調子がいいんだけど(苦笑)

 

まあ、がんばってもらうしかない。もうこれからは運命共同体なんだから。

息子、頼むぞ~。

処分業者からの連絡

引っ越しまで1週間を切った頃、部屋の中はダンボールで埋め尽くされていきました。平日の昼間は仕事があるので夜荷造りをするのですが、これがかなりの重労働😞

 

荷造りしながら処分したいものを選り分けて6畳の和室にどんどん置いていきました。すると思っていたよりも不要品が多くてびっくり。処分業者が見積もりに来た時に気づかなかったものがたくさんある。

10年以上開けていなかった天袋にもどっさり。

子供の書道用具やピアニカ、工作物だったり、買って使わなくなった加湿器など電化製品。美顔器まで出てきて思わず苦笑い。

 

紙ごみもザクザク出てきて役所の回収日に出しても出しても間に合わない。

マンションのごみ集積場を埋め尽くすわけにもいかないし、出し切れず困ってしまった。

 

20年という歳月をダラダラ過ごしたツケが今回ってきたように思い「もっと普段から整理整頓しておけばよかった」と後悔しました。

 

和室に積み上げた不要品。部屋の半分くらいを占めている。

 

大きな家具がたくさんあったので、処分の見積額は19万5000円だったけど、こりゃ見積もりを超えるだろうなと思った。

いや、そもそもこれだけの量を持って行ってくれるのか?

 

「どうしよう。もし全部は持っていけないと言われたら」

焦る私に娘が

「そんなことないでしょう。あっちはプロなんだし」

「でも向こうにもキャパというものがあるでしょう」おろおろする私でした。

 

土曜日に引っ越して、日曜日の午前中に不要品を処分業者に持って行ってもらう。その日の午後、現地で買主さんに鍵等の引き渡しを予定している。もし部屋が空にならなかったらどうなるんだろう。

 

「お母さん心配しすぎ」と娘には言われたけど…。

 

やきもきしていたら処分業者の社長さんから携帯に電話がかかってきました。

 

「今度の日曜日9時にうかがいますが、予定通りで大丈夫ですよね?」という確認の電話でした。

 

「はい。そうなんですけど」思わず言葉が詰まってしまう。

「どうされました?」

「実は荷造りをしていたら家具以外の不要品が思った以上に多いことがわかりまして…」また詰まってしまった。

 

「そうですか」冷静な感じの社長さん。

「具体的にどのくらいあります?」

「和室の半分くらいを埋めてます…」

「わかりました。じゃあ予定通り伺いますね」

あっさりしたお返事。(あれれ?)

 

これ、当日幾ら請求されるんだろう。不安になりつつもこれ以上何も聞けなかった気弱な私でした。

「鍵の引き渡し」が辛い

 仲介業者担当のMさんからまたメールが来まして

「買主様に土曜日お引越しのことをお伝えしましたら、翌日の日曜日に現地立ち合いで鍵を引き渡してもらえないかとのご希望です」と。

 

え~😞

 

本当は決済日に鍵を手渡しで引き渡して売却完了、バイバ~イ👋

…というものらしい。

現に購入のほうについては決済日に鍵を貰って売買が終わる予定なのだ。

 

だけど私の場合は売却と購入が同時なので購入後に転居するため、決済日に物件を引き渡すことが不可能だから、引き渡し猶予を盛り込んだ契約にしてあるのです。

 

「残代金受領後7日以内に引き渡す」という内容。これを行って売却が完了するそうな。

 

なので以前Mさんに引き渡しについてどのように行うのか確認したときは、引っ越し&不用品の処分が完了して部屋の中をカラにしたら、Mさんに鍵を送れば買主さんに渡してくれると聞いていました。

 

また話が違ってきたよ…。

 

決済日さえ乗り切ればあとは自分たちの引っ越し&不用品処分問題を解決すればよいと思っていた。

もう買主さんと顔を合わせることはないと思っていたのに~。

 

現地立ち合いで鍵の引き渡しってなんだか気が重い。その場でいろいろ部屋のことを質問されるのかしら。

 

それに、汚い我が家を丸ごとさらけだすのだ。いや、買主さんだからすべてを見られるのは当然だけど、せめて私の前で見られたくはなかった。(内見のときは家具で隠れていた汚れも傷みも全部見せなきゃいけないのが恥ずかしい…)

 

夫にメールして一緒に立ち会うように頼んだら「ムリです。そんなことやるなんて知らなかったから用事を入れてしまったので」と聞く耳を持たない。

私一人で対応しろと言うのか…。つら…(T_T)

 

イラっとしてつい愚痴ってしまった。

・あなたが残していった不用品も多く、できるかぎり自力で捨てていっているが、かなりの労力がかかり大変だ

・荷造りも進まず無事に引っ越しができるか不安でストレスが溜まっている

・最後の共同作業なのにどうしても引き渡しに立ち会ってもらえないのか

 

返信は来なかった。決済日に行けばいいんだと考えているに違いない。

 

もう自分には関係ないという気持ちなんだろうな。まあそういう関係性なんだけどさあ…。やっぱり辛いなぁ😞

引っ越し準備もろもろ

引っ越すためにやらなければいけないことを書き出してみた。

喫緊の課題である荷造り&不用品の整理は別にして。

 

現住居では

  1. 自宅マンションの管理会社へ転居の連絡
  2. 電気水道ガスの解約
  3. 今まで使っていたケーブル局の解約
  4. インターネットの解約
  5. 火災保険の解約
  6. 新聞購読の解約
  7. 生協宅配へ住所変更の連絡
  8. 今まで利用していたダスキンのレンタルを解約
  9. 転送届を郵便局へ提出

 

新居では

  1. 電気水道ガスの申し込み
  2. NHKの申し込み手続き
  3. インターネットの申し込み
  4. 鍵の交換工事の申し込み
  5. 火災保険の申し込み

新居ではなるべく断捨離をしよう!と考えて新聞をとらないことにしました。紙ごみの多さに参っていたし、ニュースはネットで充分。

NHKは滅多に観ないBS・CS放送もやめよう。

ダスキンも使わないことにした。クイックルワイパーをこまめに使えばいいや。

 

面倒なのが、今住んでいる家で利用している光熱費やらネットなどの契約が、夫の名義になっていることで、妻の私が連絡しても手続きOKなものは多いのですが、中には

「ご本人確認のためご主人様の携帯に電話をさせてください」とか「ご主人様ご本人が手続きしてください」と言われること。

 

インターネットはドコモ光を利用していたので夫に

「〇日に引っ越すからそれに間に合うように解約手続きしてください」とメールしました。

夫からは

ドコモショップの予約を取ったので解約の手続きをします」と。

もう用件のみの義務的なやり取りですね。気が楽だわ(苦笑)

 

夫は自宅から転居して郵便局に届けも出しているので、夫宛の郵便物は転送されるらしく

「火災保険の解約手続き完了の手紙が来ました」

「固定資産税の納付書が送付されました。これはどうしたらよいでしょうか」

などとちょくちょく言ってきます。

 

固定資産税は1月1日時点の所有者が納税義務者になるため、4月に自宅を売却しても今年の税金は私たちにかかります。

決済日以降の税額を計算して売買代金と一緒に買主さんが支払ってくれる。そのお金で払えばよいとMさんから聞いていたのでその旨返信。

 

新居の手続きについてはとりあえず1と2について終わらせました。

3のインターネットについては使い慣れたドコモ光をネットから申し込み。

工事の日程については電話で調整することになりました。

4の鍵の交換工事については新居の引き渡し後に業者が見積もりに来る。引っ越し日の夕方に訪問されるとのこと。

 

5の火災保険については引っ越してからそのうちゆっくり調べようかなあ…と考えていたのですが。

担当Mさんからメールが来ました。

「火災保険のお見積りを添付させていただきますので、まだお決まりでないようでしたらご検討ください。お申し込みの場合は決済当日に申込書のご記入をいただき、お振込みにて保険料をお支払いいただく手続きとなります。もしよろしければ本日夕方でも伺ってご説明いたしたいのですが」

 

このメールが来たのは決済日の4日前です。ギリギリすぎないか?💦

 

荷造りやらゴミのまとめでテンパっている状態だったので、伺いたいと言われても時間を取れる状態ではなく…。

とりあえず添付された資料を読む。

火災保険の契約期間は10年一括、地震保険は5年契約で合計約16万円支払うプラン。5年後に地震保険は更新が必要で、その際5年分の支払いが必要となる。そういうことね?

これを4日後に契約して振り込めって、本当にギリギリすぎると思うんだけど(# ゚Д゚)

 

やること多いのに荷造りは進まないし本当に焦っていた私ですが、もしかしたらMさんも大忙しで「しまった!火災保険の案内をしていなかった!」という状態だったのかな?

 

訪問していただく余裕は全くなかったので、メールのやり取りで保険の内容を確認しました。

住宅ローンの契約

3月に銀行へ住宅ローンを申し込んで承認してもらったのですが、融資は4月なので4月になったら銀行へ行って契約をする約束をしていました。

そのときの経緯は過去記事で

ouchisumikae.hatenablog.com

 

転勤したばかりで休みを取りづらいと思ったけど、これをやらないと家を買えないので仕方がありません。

 

一日お休みを貰ってまず役所へ行き住所変更の手続きをしました。転出と転入の両方の手続きをするので、役所をはしご。

そんなに遠くへ引っ越すわけじゃないので午前中で手続きできたけど、結構疲れた…。でもマイナンバーカードって便利ですね。

 

そして新しい住民票と印鑑登録証明書を発行してもらいました。それを持参して午後2時に銀行へ。

 

銀行の担当者とはずっとメールでやり取りをしていたので、お会いするのは初めてです。落ち着いた感じの女性の方です。

 

事前にメールで連絡を貰っていたのですが、金利が4月1日に0.10%上がってしまったんですよね。ローンを申し込んだのは3月だから、ちょっと損をしたような気分😞

 

「3月にローンを申し込んだのに融資を受けるのが4月だから、金利も4月のものが適用されるんですよね。高くなってしまったのが残念だわ。本当は3月中に購入して転居したかったんですけど、売却のほうとうまく調整ができなくて4月になってしまったんですよ」と悔しそうに私が言うと

 

「そうだったんですか。でも、3月の引っ越しはお金がかかりますよ。4月のほうが引っ越し料金も安いのではないですか」とにこやかです。

 

「そうですね。まあ上がったと言っても0.10%ですし、そもそも1%を切った金利なのは凄いですね。20年前にマンションを買ったときは4%くらいだったような気がするわ」

「今は金利が低いですからね」と相槌を打ちながら手続きをしてくれました。

「この物件ですとローン控除を受けられますね。秋になりましたらローン残高の証明書をお送りしますので、来年確定申告をしていただければ税金が戻ってきますよ」

これはありがたいです。

 

無事ローンの手続きが終わってホッとしたけど、女一人で1500万の借金を背負ったことになる。

団信にも加入したので、仮に私が死亡しても子供たちに迷惑はかからないけど、怖いのは病気になって働けなくなること。ローンが払えなくなってしまったら・・・。これが一番の恐怖だわ。

 

昔マンションを買ったときは夫と二馬力だったし、まだ30代だったから病気になることも考えていなかった。何も恐怖を感じなかったけど、今回はなんだかひしひしと不安が押し寄せてくる・・・。

 

一人なんだもの・・・。

でもそれをわかっていたはずなのにね。

 

できれば少しずつ繰り上げ返済して借金を減らそうと思うけど、とにかく10年間は働き続けたい。

途中で定年になるけど再雇用制度があるから、健康に気を付けて頑張ろう。

改めてそう思いました。

処分業者の見積もり

不要家具や不用品があまりにも多くて自分たちでは処分できず、処分業者さんにお願いすることにしました。仲介業者さんの紹介です。

 

引っ越しで荷物を運び出したあと残ったものを処分してもらうことにしました。

土曜日の引っ越しが一日かかりそうだったので、その翌日の日曜日に処分してもらうよう日程調整しました。不用品の処分が終わったら買主さんに住居を引き渡します。

 

処分してほしいもののリストを作って仲介業者の担当者Mさんにメールで送り、Mさんから処分業者さんに連絡して、見積もりを出してもらいました。

 

処分費用は概算で12万と聞いたのですが、新居の採寸をして持っていけない本棚が増えたり、リストに載せ忘れている家具があったり、処分しきれない細々した不用品が思った以上に出てきたためそれをMさんに報告すると

「処分業者に荷物を確認してもらった方がいいですね」と言われたので、自宅を訪問して見積もっていただくことにしました。

 

なんとなくゴミの処分業者さんってちょっぴりいかがわしいような怖いイメージを持っていたのでお会いするのが不安でした(勝手な偏見でごめんなさい!!!)

 

もしかしたら自分でネットなどで処分業者さんを探して見積もりを複数とれば、安い代金で引き受けてくれる業者を見つけることができたかもしれない。

でも探さずに仲介業者のMさんに紹介していただいたのは「ちょっと怖い」という気持ちがあったから。

仮に処分業者と何かトラブルが起きたとき、Mさんに話せば解決してくれるだろうという安心感があります。

 

見積もり当日我が家を訪問したのは穏やかで丁寧な物腰の男性でした😌

いただいた名刺を見たら社長さんでした。

 

一緒に各部屋を回りながら「これは引っ越し先に持って行きます。これは処分します」と説明しました。

 

本棚×6

学習机×3

タンス・整理ダンス

衣装ケース×10

5人掛けソファと2人掛けソファ

テーブル型炬燵とその椅子

パソコン机

椅子×2

ラック×2

プラスチック製の収納棚

 

その他ゴミ箱とか照明器具とか家具以外の処分品

使わない食器、雛人形、植木鉢、スクーターなど細々したものがたくさんある

捨てきれなかったゴミなども…etc

 

書ききれないわ💦

 

社長さんが細かくメモしている様子はなかったのですが、見終わってから出された概算額は…

 

19万5千円

 

うわあ…。

引っ越し代10万と合わせると約30万か…。

 

まあ確かに、社長さんと一緒に部屋を回りながら「こんなにあるのか」と愕然としましたからね…。当初メールで知らせた荷物からはかなり増えているし。

 

以前引っ越し業者さんに不要家具の引き取りも含めて見積もりを出していただいたことがあったのですが、30万円でした。今回はゴミなども処分していただくので、まあ妥当な金額なのだろう。

 

自分にそう言い聞かせた。

 

とりあえず怖そうな社長さんじゃなくて良かったけど、値切る勇気もない。

女一人で交渉するのはやっぱり少し怖い。

 

こんなにかかってしまうんです~という申し訳なさそうな言い方をされたので、

「こんなにたくさんあったらそうなりますよね~」と了承しました。ちょっと相手に阿った言い方をしてしまったなあ(←自己嫌悪)

 

まあ、こんな感じで予想以上に出費が膨らんでいくような感覚は、この後も別件で経験することになりましたけどね。

ふう・・・😞