50代で家を買い替えた話

50代になって夫とは別の人生を歩みたくなり自宅を買い替えて新しい生活をスタートさせるまでの顛末記

予算はこのくらいでよい?

担当Mさんとの話し合いのあと、ローンの返済について真剣に考え、月々8万円ボーナス時35万くらい、返済を10年としました。本当は数年後に定年になることを考えると返済期間を10年より短くしたかったのですが、

 

①10年以上のローンを組むと所得税のローン減税が受けられる

②ローン残高の1%が控除される

③現在、住宅ローンの金利は1パーセントを切っている

 

ということを知り、10年で組むことに決めました。

 

正直、定年後もしばらくローンを払い続けるのは不安もあるのですが、なるべく在職中に貯金をすることや、定年になっても再雇用と言う制度があるのでなんとかなるのでは?と考えました。

 

減税された分をそっくり貯金しよう。

 

自分の年収も含めてMさんにローン計画をメールでお伝えすると、早速お返事が来ました。

 

・1500万円借りた場合、金利を0.525%と仮定して10年返済で計算すると

月々 約77000円、ボーナス時 約31万円

・1500万円+売却額の半分を上限として物件を考えればよいのでは。

金利は金融機関によって異なるので目安として考えていただければよい

 

我が家は3200万強で売りに出しているので、仮にそのまま売れたら半分の金額と借入額1500万円を足して約3100万円までOKということになる。

 

でも、以前関わったX不動産のYさんから、手数料や諸経費などで売買価格の一割を上乗せすると考えたほうがよいと教わっていたのでMさんのメールだけを鵜呑みにすると危険だし、Mさんはずいぶん甘い計算をしているなと思いました。(←ちょっぴり不満)

 

貯金も少しはあるので、購入可能額の上限は3000万を切った価格かなあ。希望が具体的になったら、予算のことはMさんにしっかり確認しよう。

 

駅から徒歩20分以内で3000万以下、3LDKという条件でSUUMOを検索して、1月に見学しようかなと思ったマンション5戸をMさんにお知らせしたところ、それについてもお返事が来ました。

 

「年明けに見学ができるよう調整するつもりですが、この中の1つは以前弊社が売却のご相談を受けた物件で8階ですが斜面地に建てられているため風通しが悪く、カビの発生が酷いお部屋で長期間成約になっていないお部屋ですのであまりお勧めできません」

 

そういうことならこのお部屋の見学は保留します、とお返事しました。

 

あとは年末年始のお休み中にもっと探して気になる物件があればまたお知らせすることに。

 

そして。

我が家の購入を検討されている方について、Mさんからの報告。

「先方の仲介業者様と共同で、お客様からのご質問などに答えながら商談を続け、ようやく年明けに最終結論をいただける状態になりました。年明けの吉報を待ちたいと思います」ですって!

 

これは期待して良いのかな?

 

あとは

・例年、年末年始の休暇の間に住み替えや新規住宅購入を検討される方の情報閲覧が活発になります。

・そのため年が明けたら一気に市場が動き出すこともありますので、検討中のお客様の結論が出なかったとしても新たなお問い合わせがくることを想定しております。

・お住み替え先についてもご興味がある物件が見つかりましたらご相談ください

って。

 

そんなわけで、お正月休みは年明け前の準備期間として過ごすことになりました。

 

一体どんな年になるのかな…、希望通りに話が進むのかな…と落ち着かない気持ちで新年を迎えた私でした。